初恋の人からの 手紙 - Petit Pointプティポワン

初恋の人からの 手紙

出だしっから、すごい手紙がきました(笑)




初恋の人からEMIさんへお手紙が届きました。

EMI、ひさしぶり。
もうモテる女性を「下品な女」と罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていたEMIをなつかしく思います。

喧嘩が増えてきて、EMIが「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もう24年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはEMIのほうでしたね。ときどき告白されるEMIに対し、女子と接点すらほとんどないおれ。EMIがいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、おれにとって、ほとんど「いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)。今でもその場面が夢に出てうなされます。

あ、そういえばEMIからしてみれば、おれは初恋の相手なのかな?付き合った当初はやけにEMIが不安げだったのをよく覚えています。「手はつないだほうがいいの?」「週に何回会えばいいの?」って、正直うるさい(笑)

付き合い始めのラブラブのころは、EMIが「時間が止まればいいな」って言ってくれたのを覚えています。あのEMIの幸せそうな顔は今でも忘れません。思えば最初はかわいかったなぁ。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはEMIと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなEMIと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはEMIのことがそれでも好きでした。これからもEMIらしくいられるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. おれと付き合った過去をみんなに隠しているって本当ですか?

スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント